囲碁の仲邑菫二段、最年少で三大棋戦の棋聖Cリーグ入り

尾崎希海、大出公二
[PR]

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫二段が6日、三大棋戦の一つ、棋聖戦のCリーグ入りを決めた。12歳2カ月でのCリーグ入りは、これまでの最年少記録を3歳2カ月早める大幅更新となる。

 この日の第46期棋聖戦予選決勝で鳥井裕太三段(27)に281手までで黒番5目半勝ちし、3日前にCリーグ入りした福岡航太朗二段の15歳4カ月の最年少記録を塗り替えた。公式戦の連勝は自己最多の11に。今年に入って22勝2敗、勝率9割超の驚異的な戦績を挙げている。

 仲邑は局後、「Cリーグに入れると思っていなかったので、うれしいです。強い先生たちと打てるのが楽しみです」と話した。

 井山裕太棋聖(31)への挑戦権を争う棋聖戦のシステムは4リーグ制を採る。32人出場のCリーグは一番下位だが、女性ではこれまで鈴木歩七段(37)、謝依旻(しぇいいみん)六段(31)、上野愛咲美女流棋聖(19)、藤沢里菜女流本因坊(22)しか入っていない狭き門だ。仲邑は5人目となる。

 仲邑は一昨年4月、史上最年少の10歳でプロ入り。「世界で戦える大器」として新設の無試験による「英才枠」第1号として採用され、想定以上の速さで急成長している。(尾崎希海、大出公二)