GWの首都圏からの越境、昨年の倍 銀座や梅田は大幅増

[PR]

 緊急事態宣言が発出されていた4月29日~5月5日の大型連休について、ソフトバンクの子会社「アグープ」が6日、首都圏と近畿圏でそれぞれの都府県境をまたいだ人の流れについてデータを発表した。昨年の大型連休に比べ、首都圏では倍以上、近畿圏でも倍近くに上っていた。

 東京都小池百合子知事は大型連休直前の会見で、「ステイホームを徹底しておうちで過ごしてほしい。東京から出ないでください、東京にもいらっしゃらないでください」などと呼びかけたが、データからは効果は限定的だったことが浮き彫りになった。

 アグープが、今年4月29日~5月5日と昨年4月25日~5月6日、2019年4月27日~5月6日について、スマートフォンの位置情報を活用して1日あたりの平均人口を算出した。

 東京、神奈川、千葉、埼玉の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]