任天堂、過去最高益 「巣ごもり」需要でスイッチ好調

有料会員記事

橋本拓樹
[PR]

 任天堂が6日発表した2021年3月期決算は、売上高が前年比34・4%増の1兆7589億円、純利益が同85・7%増の4803億円だった。ゲーム機の「ニンテンドースイッチ」や、人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の販売が好調で、営業利益と純利益は過去最高だった。

 昨年3月末に発売した「あつ森」は21年3月期に2085万本が売れ、販売累計は3263万本に達した。ソフトの人気を受けてゲーム機本体のスイッチの販売台数も伸び、前年比37・1%増の2883万台。全体の売上高は09年3月期に次ぐ高水準となった。古川俊太郎社長はこの日の会見で、「上期(20年4~9月期)は例のない規模で推移した」と話した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり」で、「ゲーム機で久々に遊ぶお客様が増えた」(古川社長)という。ソフトのダウンロード販売やオンラインサービスの会員料といった「デジタル売上高」も前年比で7割近く増えて、3441億円だった。

 ただ、こうした追い風は一過性の面もあるとして、22年3月期の業績予想は売上高1兆6千億円、純利益3400億円の減収減益を見込んでいる。新たなソフトなどが予想通りに販売できるかどうかでも大きく左右されそうだ。

 スイッチは販売開始から5年…

この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら