菅首相、宣言延長「あす専門家会議に諮る」 4都府県

新型コロナウイルス

[PR]

 東京や大阪など4都府県への緊急事態宣言の延長について、菅義偉首相は6日夜、記者団に「東京都大阪府をはじめとする緊急事態宣言の延長について、明日、専門家の会議に諮ることとし、期間や対象地域を決定したい」と語った。

 また、北海道などから「まん延防止等重点措置」を適用するよう要請を受けていることについて首相は、7日に専門家の会議に諮ったうえで、期間や対象地域を決める考えも示した。

 首相は6日夕、首相官邸で田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と協議後、取材に応じた。

 3度目となる緊急事態宣言の期間は4月25日~5月11日の17日間となっており、期限が迫っている。

 記者団から今回の宣言の評価を問われた首相は「ゴールデンウィーク中、人の流れは減少したと考えている」「減少したことは事実だ」などと繰り返した。

 昨年4月と今年1月の宣言では、いずれも当初の期間は1カ月間で、その後延長した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]