自民、ワクチン接種で課題収集へ 「上から目線でなく」

中田絢子
[PR]

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を後押しするため、自民党は6日、党所属の国会議員がそれぞれの選挙区で自治体の課題を把握し、政府に伝えることを決めた。

 同党の全7派閥と谷垣グループの幹部らが同日、党本部で会合を開いた。政府内でワクチンの調整を担う河野太郎行政改革相が出席し、ワクチン接種の課題などの情報収集についての協力を求めた。会合では、国会議員がそれぞれの地元選挙区で医師や看護師の不足や高齢者の移動手段など、自治体が抱える課題を洗いだしたうえで、政府に伝えることを決めたという。

 ワクチン接種をめぐっては、菅義偉首相が高齢者向けの接種について7月末までに終える目標を示している。実際に接種を行う自治体から「現在の態勢では7月末完了は厳しい」とする声が上がるなかで、政府・与党一体で懸念解消を図る狙いがある。会合に出席したベテラン議員は「自治体の悩みを、上から目線ではない形で、フォローしてほしいということだ」と語った。中田絢子