けがに悩んだ陸上・山県と並走 支えるコーチの指導理念

有料会員記事

加藤秀彬
[PR]

 コーチをつけず、1人で走りに向き合うことで知られる陸上男子100メートルの山県亮太(28)が今季から専属指導を仰いでいる。ただ、指導するプロコーチ、高野大樹(だいき)さん(32)は選手として全国で目立った実績はなく、日本代表の男子選手を教えた経験もない。義足アスリートも指導する異色の指導者だ。

開幕直前、突然のSNS

 「ちょっと、お話ししたいことがあります」

 山県からSNSのメッセージを受け取ったのは、シーズンが開幕する直前の2月上旬だった。

 「なぜ自分なのか」

 そう驚いたのも無理はない。山県の母校・慶大でも競走部短距離コーチを務め、練習場で交流もあったが、山県の在学中には指導していない。また、女子100メートルハードル日本記録保持者、寺田明日香(31)を指導しているが、山県と同じレベルの男子選手を教えた経験もなかった。それに、山県が自分自身で走りを追求しているのも知っていた。

 山県はこう依頼した。

 「これまでの自分で練習メニューやフォームを考えるスタイルは貫きたい。今は、それを一緒に考えてくれる人が欲しい――」

「自分を貫く」を受け入れられたのは…

 自分の理想の走りを選手に当てはめたい指導者ならば、受け入れがたい相談だったかもしれない。だが、高野さんは違った。

 埼玉大や大学院で110メー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。