機内でマスク拒否した男を再逮捕 飲食店で客殴った疑い

多田晃子
[PR]

 飲食店にマスクを着用せずに入ってトラブルになり、店の業務を妨害したうえ止めに入った客らを殴ったとして、千葉県警は6日、茨城県取手市井野団地、無職奥野淳也容疑者(34)を威力業務妨害と傷害の疑いで再逮捕し、発表した。「何も言うことはありません」と話しているという。

 奥野容疑者は、昨年9月に航空機内でマスク着用を拒んでトラブルになり、今年1月、運航を妨げたとして威力業務妨害と傷害、航空法違反容疑で逮捕され、同罪で起訴されている。

 県警館山署によると、今回の逮捕容疑は、4月10日午前11時45分~午後0時10分ごろ、千葉県館山市内の飲食店でマスクの着用を要請されたことに憤慨、「マスクはしません」などと怒鳴りながら従業員に執拗(しつよう)に詰め寄るなどしたうえ、店の経営者の男性(52)から退店を促されると「客に対して何言ってんだ。ぼけ」などと怒鳴るなどし、居座り続けて多数の客を店外に立ち去らせるなどして業務を妨害した▽トラブルを止めに入った客の男性(64)や、奥野容疑者を店外に出そうとした客の男性(37)の顔を殴り、軽傷を負わせた――というもの。

 奥野容疑者は4月、このトラブルで現場に駆けつけた警察官を殴ったとして公務執行妨害容疑で現行犯逮捕され、同罪で起訴されている。(多田晃子)