五輪中止ネット署名、2日で18万人 宇都宮氏呼びかけ

有料会員記事

伊木緑
[PR]

 人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を――。

 弁護士で元日弁連会長の宇都宮健児さん(74)が5日、署名サイト「Change.org」を通じた署名活動を開始した。すると、7日午前9時の時点で、すでに18万人以上の署名が集まった。

 なぜ、署名活動を始めたのか。宇都宮さんは次のように説明している。

 「医療が逼迫(ひっぱく)し、ワクチンも行き渡らない中で五輪を開催すれば、国民の命と健康を犠牲にすることになる。世界的にもワクチンの接種状況、医療の充実度に格差がある状況で、公平な競争ができるのか。五輪はいったん中止すべきだ」

 大型連休中の経験も後押しした。

 宇都宮さんが代表世話人を務める市民団体「反貧困ネットワーク」などは5月3日と5日、東京・四ツ谷の聖イグナチオ教会で日用品や食料を無償配布する「大人食堂」を開催した。約800人が列をなした。

 「新型コロナウイルスの影響で住まいや仕事を失った人への支援がなおざりにされている。五輪中止で浮く予算は困窮した人たちへの支援に使うべきだ」との思いは強まったという。

 報道各社の世論調査などでは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。