黄之鋒氏、さらに禁錮10カ月判決 天安門集会に参加

広州=奥寺淳
[PR]

 香港の裁判所は6日、昨年6月に天安門事件の犠牲者を追悼する未許可の集会に参加したとする罪で、民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏に禁錮10カ月の実刑判決を言い渡した。

 黄氏はすでに別の未許可デモを組織するなどした罪で禁錮1年1カ月半、マスクをしてデモに参加した罪などでも禁錮4カ月の実刑判決を受けて収監されている。民主派への厳しい判決が続いており、今回の判決でさらに刑期が延びる。

 またこの日、同様に追悼集会に参加した区議会議員3人にも、同罪で禁錮4~6カ月の実刑判決が言い渡された。

 1989年の天安門事件の犠牲者を追悼する集会は毎年6月4日に香港で開かれ、香港で高度な自治が保障された「一国二制度」のもとでの自由な言論や集会の象徴だった。しかし、昨年は新型コロナ感染防止を理由に当局が初めて開催を認めなかったが、それでも数千人の市民が集まり、これを当局が厳しく取り締まった。今年も主催団体が追悼集会の開催を申請しているが、現時点で許可は出ていない。(広州=奥寺淳