ブラジル・リオで銃撃戦、25人死亡 麻薬摘発の作戦中

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 ブラジル・リオデジャネイロの貧民街で6日、銃撃戦が発生し、警察官1人を含む計25人が死亡した。警察による麻薬密売の取り締まり作戦中だった。現地メディアが報じた。銃撃戦の影響で、地下鉄が一時運行を中断した。リオデジャネイロでは、麻薬摘発を巡る銃撃戦が頻繁に起きているが、一度の作戦で25人も死亡するのは異例だ。

 現地報道によると、銃撃戦が起きたのは、ブラジルの2大麻薬組織の一つ「コマンド・ベルメリョ」の拠点とされる貧民街「ジャカレジニョ」。警察が6日早朝、摘発のために地区に入ったところ、麻薬組織が自動小銃などで応戦し、銃撃戦になった。警察官以外の死者は組織関係者とみられるという。

 地元テレビ局の映像では、警察のヘリが低空飛行するなか、建物の屋上でライフルなどを手渡す男たちの姿が映っていた。地下鉄は地区の近くを走っており、流れ弾を恐れて車内で身をかがめる乗客たちの映像も流れた。(サンパウロ=岡田玄)