藤井二冠の連勝止めた「地球代表」 深浦九段の勝負強さ

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 昨年11月以降、負けなしだった将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が6日の対局で敗れ、連勝が19でストップした。勝った深浦康市九段(49)はタイトル獲得経験のあるトップ棋士の1人だが、強敵と戦う時に、より一層「燃える」タイプとして知られる。厳しい戦いで勝負強さを発揮できる理由とは。

 6日に東京・将棋会館で指された第69期王座戦日本経済新聞社主催)の挑戦者決定トーナメント1回戦、藤井二冠―深浦九段戦。終盤で優位を不動のものとした深浦九段が、藤井二冠の玉を追い詰めていた。

 「負けました」

 午後9時半。藤井二冠が投了…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。