逮捕の男、被害者の車で遺体運搬か 神戸・トランク遺体

[PR]

 神戸市北区の畑で5日、横転した乗用車のトランクからコンビニ店長森下浩さん(62)=同区=の遺体が見つかった事件で、車は森下さんのものだったことが兵庫県警への取材でわかった。

 県警は6日、遺体発見時に現場のそばにいた同店員の男(27)を死体遺棄容疑で逮捕した。運転席にいたのを近隣住民が目撃していることから、男が運転し、遺体を運んだとみている。男は無免許だという。

 男は逮捕時の調べに「黙秘させてもらいます」と供述。県警は刑事責任能力の有無を慎重に調べるとして実名を公表していない。

 男は森下さんと同じコンビニ店に勤務。捜査関係者によると、任意の聴取には遺棄への関与を認め「仕事でトラブルがあった」という趣旨の説明をしたという。

 捜査1課によると、車は5日夕、道路脇の畑に転落した状態で見つかった。県警が車のトランクを調べ、遺体を見つけた。

 通報した男性は「ドカンという音がして、外に出ると車が畑に落ちていた。中に運転手がいたので引っ張り上げた。『警察に電話しいよ』と伝えた」と話した。

 森下さんの遺体に目立った外傷はなく、7日午前から司法解剖を始め死因を詳しく調べている。