インド選手、五輪絶望的に 渡航制限で予選に出場できず

有料会員記事新型コロナウイルス

ニューデリー=奈良部健
[PR]

 東京五輪パラリンピックを目指すインド代表の選手たちが、出場を断念せざるをえない事態に陥っている。インドでの新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、各国政府によるインドからの渡航制限が相次いでおり、五輪出場をかけた予選に参加できないためだ。

 「新型コロナ感染防止に注意しながら、4年間努力を続けてきた。一瞬でそれが崩れ、ショックで選手たちは練習をやめてしまった」。そう取材に答えたのは、インドカヌー協会のクシュワハ事務局長だ。

 協会によると、インドのカヌー五輪代表の男女9人は、5月上旬に東京五輪予選を兼ねたアジア選手権に出場するため、タイに渡航する予定だった。10日間の隔離期間を想定し、早めの入国を目指していた。

 しかし、タイ政府は感染が急拡大するインドからの入国を禁止。ドバイ経由など他のルートによる入国も探ったが、実現しなかった。カヌーのパラリンピック代表の5人も、渡航禁止によって今月中旬にハンガリーで開かれる大会に出場できる見通しが立たず、東京に行く夢がついえた。

 かつてカヌー選手だったクシ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]