吉田純子の多事奏論 「宝物を残したい」音楽教諭の思い

有料会員記事

[PR]

 「一緒に歌うことも、手をとって楽器を教えることもできない。私は今、子どもたちに何をしてあげられるのでしょう」

 切実な声がこの1年、ずっと脳裏を離れなかった。昨年4月のこと。電話をくれたのは、ある地方の高校の音楽教諭で、音楽と他の科目を連動させる指導法を一緒に模索している仲間たちのひとりである。

この記事は有料会員記事です。残り1430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら