埼玉の無職の男を殺人容疑で逮捕 茨城境町4人殺傷事件

【動画】埼玉の無職の男を殺人容疑で逮捕 茨城境町4人殺傷事件の現場=遠藤雅彦撮影
[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員の小林光則さん(当時48)とパート従業員の妻美和さん(同50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、埼玉県三郷市鷹野4丁目の無職岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=消防法違反の罪などで起訴=を殺人容疑で逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分ごろ、自宅で就寝中だった光則さんと美和さんの2人を包丁のようなもので切りつけ、殺害した疑いがある。

 捜査関係者によると、同時刻ごろに美和さんから「助けて、痛い」と110番通報があり、約10分後に警察官が駆けつけたところ、夫婦は2階の寝室で血を流した状態で発見された。2人の上半身には複数の深い傷があり、手には刃物を防ごうとした際につく傷もあった。

 夫婦の寝室から廊下を挟んだ子ども部屋では、当時中学1年の長男(14)と当時小学6年の次女(13)が寝ており、長男は刃物で切られて重傷。次女は両手に催涙スプレーのようなものをかけられて軽傷を負った。1階で寝ていた当時大学3年の長女(22)にけがはなかった。

 室内は特に物色された形跡はなく、凶器は見つかっていない。鍵が壊されたり、窓が割られたりしていなかった一方で、住宅の1階の複数の窓は無施錠だったという。

 岡庭容疑者をめぐっては昨年11月、危険な薬品などを所持しているとして埼玉県警が家宅捜索。硫黄約44キログラムを保管していたとして同12月9日に消防法違反の罪などで起訴されていた。茨城県警は今年2月、岡庭容疑者が警察手帳を偽造したとして、公記号偽造容疑で逮捕していた。