大阪の「太閤園」、跡地に創価学会が講堂建設へ

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 経営難の藤田観光が3月に創価学会へ売却した老舗宴会場「太閤園」(大阪市都島区)について、跡地に講堂の建設が計画されていることが、関係者への取材で分かった。創価学会が活動拠点にする予定で、全国有数の規模になるという。

 太閤園は明治時代に関西財界で活躍し、藤田観光のルーツにもかかわる藤田伝三郎氏の邸宅跡地に立つ。2万平方メートルを超える日本庭園に築100年余りの料亭があり、地元で有名な挙式スポットだった。6月末で営業を終え、約60年の歴史に幕を閉じる。

 売却先が創価学会に決まり、跡地の使途に関心が集まっていた。創価学会関係者は取材に「大阪に拠点をつくるという構想は長年あり、適切な場所をずっと探していた」と話した。

 藤田観光は、東京で「ホテル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。