車いすシートベルト 現場の「盲点」、送迎者が有罪に 

有料会員記事

森下裕介
[PR]

 車いすの人を運ぶ「福祉車両」に車いす用のシートベルトを着けて乗っていたのに、急ブレーキなどで転倒し、けがや死亡に至るケースが後を絶たない。送迎者が、罪に問われるケースも出ている。事故から身の安全を守るはずのシートベルトがなぜ、車いすの人の役に立たなかったのか。(森下裕介)

拡大する写真・図版車いす用シートベルトを、左側の手すりの上にかけると、腰の左側部分のベルトが体から離れて浮いてしまう=2021年4月28日午後2時5分、大阪府豊中市、森下裕介撮影

 2019年5月、大阪市平野区の交差点。30代のある歯科助手が、老人ホームに入所していた車いすの女性(当時70)を介護用自動車の後部に乗せ、診療所に向かっていた。歯の治療を受ける老人ホームの入所者を週2回ほど、診療所に送迎していた。

 この女性は病気のため、体勢を自分で変えたり、維持したりすることができなかった。歯科助手は、そんな女性の様子が気になり、ミラー越しに後部を確認した。特に異変はなかった。

 だが、その隙に信号は青色から黄色へ変わった。すぐにブレーキを踏んだが、車は停止線を50センチ超えて止まった。振り返ると、女性は前かがみの体勢で、車いすから落ちていた。シートベルトを着けていたが、その下をすり抜けて転落したとみられる。大腿骨(だいたいこつ)が折れており、半日後に出血性ショックで死亡した。

 歯科助手は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)などの罪で起訴され、今年5月11日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年2カ月)とした大阪地裁判決が確定した。判決では、シートベルトを「適正に装着する義務」に違反したと認定された。どういうことか。

 判決によると、車の取り扱い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。