「ちょい飲み」も「ラン活」も消えた…緊急事態に恨み節

有料会員記事

若井琢水、橋田正城、宮川純一 初見翔
写真・図版
店頭のディスプレーに貼り紙をして酒の提供休止を知らせる日高屋の店舗=東京都新宿区、田幸香純撮影
[PR]

 6都府県に5月末まで緊急事態宣言が適用されることが決まった。飲食店は酒以外のメニューでの営業や休業を、百貨店や大型商業施設は各自治体の要請に応じた時短や休業などを迫られる。大型連休に受けた打撃を、宣言明けから取り戻そうとしていた矢先の決定に、各業界は疲弊の色合いを強めている。

 対象地域の飲食店は、休業するか、お酒を出さずに午後8時まで時短営業するかの選択を月末まで迫られる。中でも、多くの店が休業を余儀なくされている、居酒屋の嘆きは大きい。

日高屋、売り上げに占めるアルコール比率が…

 「庄や」などを展開する大庄…

この記事は有料会員記事です。残り1925文字有料会員になると続きをお読みいただけます。