中国製ワクチン、WHO緊急使用リストに 欧米以外で初

新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 世界保健機関(WHO)は7日、中国の国有製薬会社シノファーム製の新型コロナウイルスのワクチンを「緊急使用リスト」に加えたと発表した。欧米以外が開発したワクチンがリストに入るのは初めて。中国のバイオ企業シノバック製ワクチンの予備審査も始まっており、中国製ワクチンを使用する国がさらに増える可能性がある。

 緊急使用リストは、WHOがワクチンの安全性や効果を審査、承認することで、国連機関が必要とする国に届けたり、途上国などが緊急使用を認める際の参考にしたりできるようになる。WHOなどが主導してワクチンを共同調達し、途上国などに配分する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」で使う場合の条件でもある。

 これまで、英アストラゼネカ製、米ファイザー製、米ジョンソン・エンド・ジョンソン製、米モデルナ製がリストに入っていた。

 また、テドロス事務局長は会見で、米バイデン政権がワクチンの供給拡大に向け、知的財産(特許)を保護する義務の一時免除に同意したことについて、「米国のリーダーシップに感謝する」と評価し、他国も続くよう呼びかけた。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]