欧州スーパーリーグ離脱9クラブに処分、5%収入没収 

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、新大会「欧州スーパーリーグ」への参加を一時表明したマンチェスター・ユナイテッド(U)やリバプール(ともにイングランドプレミアリーグ)など、9クラブへの処分を発表した。一部収入の没収など8項目が科された。

 他に処分されたのはマンチェスター・シティー、チェルシーアーセナルトットナム(以上イングランド)、アトレチコ・マドリードスペイン)、ACミラン、インテル・ミラノ(以上イタリア)。9クラブはUEFA主催の大会にコミットする宣言書を提出させ、今回の行動を誤りと認め、ファンや関係者全てに謝罪している。

 処分では、子どもや地域サッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。