熊よけスプレー、事件前に容疑者購入 茨城4人殺傷事件

[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年9月、夫婦が殺害され、2人の子どもが重軽傷を負った事件で、夫婦に対する殺人容疑で逮捕された岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)が、催涙成分を含む熊よけ用のスプレーを事件前に購入していたことが、捜査関係者への取材でわかった。事件では催涙スプレーが使われており、県警は同一のものかどうかを慎重に調べている。

 県警によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分ごろ、住宅2階の寝室で寝ていた会社員小林光則さん(当時48)と、妻でパート従業員の美和さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺し、殺害した疑いがある。

 寝室から廊下を挟んだ子ども部屋では、当時中学1年の長男(14)が両腕や両足を切られ重傷を負い、小学6年だった次女(13)は両手に催涙スプレーをかけられ軽傷を負った。

 捜査関係者によると、岡庭容疑者が事件の少し前に熊よけ用のスプレーを買った形跡があったという。

 埼玉県警は昨年11月に殺人予備容疑で岡庭容疑者宅を家宅捜索した。両県警の捜査で、衣類やスマートフォン、刃物など約600点が押収されたが、その中に熊よけ用のスプレーはなかったという。茨城県警は、岡庭容疑者が入手したスプレーが事件で使われた可能性があるとみている。