人口の減少、悪いことばかりじゃない? 新たな社会の姿

有料会員記事

松田果穂、近藤康太郎
[PR]

 人口が減っていく社会は、必ずしもお先真っ暗ではないんじゃないか――。日ごろ、少子化の危機をあおってばかりいるメディアの一員として反省もあり、この企画を進めてきました。後編では成長、人口、地域を研究する専門家に聞きました。明るい人口減社会ってないですか? 見つけにくいものですか?(松田果穂、近藤康太郎)

終わりつつある近代 法政大学教授(経済学)・水野和夫さん

 ――戦後の日本は2度のベビーブームと高度経済成長がありました。人さえ増えればその分おカネも回って、成長できるということですか?

 逆です。経済成長があってこその人口増だと思います。日本と国土面積が近くて経済的に豊かな国の人口は、ドイツが約8千万。イギリス、フランスが7千万弱。資源が限られた狭い国で1億人を超えると、普通は貧しくなります。

 発展途上国から安く石油燃料を仕入れた先進国が、付加価値をつけた工業製品にして途上国に売って成長する。大ざっぱに言えばそれが近代のからくりです。そのため都市に巨大な工場や人を集中させて、超高速で効率的にモノやおカネを回してきたのです。1億人を超えるまでの日本の人口増は、高度経済成長による特殊な例と言えますね。

 ――とはいえ「成長がない国」って悲しくないですか? もうこの国は終わりって言われているみたいで、特に若い人は怒りそうですが。

 いまは既に社会資本が飽和状態ですよね。例えば日本は人口1人あたりのコンビニの数が多過ぎで、ほんの数分歩いただけで次の店に着いてしまいます。これ以上増えてもコンビニ同士の共食い状態になるだけですよ。身の回りにあるモノだけで生活するには十分で、「今」を楽しめる成熟した社会がもうできあがっています。労働分配率が下がり、格差が広がっているのが問題なのであって、成長がないことじたいは、必ずしも暗いことではないと思います。

 ――経済成長が終わったということは、人口が増える時代も終わったということですか?

 当たり前ですが、地球上の資源と未開拓の市場は有限です。だから成長には限界がある。人口増も、近代の現象だったということ。

 近代というのは、なんでも貨幣価値に換算する時代でした。金持ちが偉い人。時価総額が大きいほどいい企業。大きいこと、速いことが成長のかぎだった。労働―物流―消費を集中させて高スピードで回す。そのおかげでいま、ウイルスも効率よく増殖していますけどね。

 そんな近代システムの寿命が尽きているんじゃないですか。日本とドイツフランスで「近代は終わった」宣言のサミットでも開いて、お祝いしないといけないんじゃないかと思っているんです。

他者に寛容な社会へ 歴史人口学者・鬼頭宏さん

 ――少子化が社会問題となって久しいですが、日本はずっと人口増を目指してきたのでしょうか?

 そんなことはまったくありま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。