つやに、細さに、光沢に 4Kでうならされる人形アニメ

有料会員記事

小原篤
[PR]

文化くらし報道部 小原篤

 川本喜八郎(1925~2010)と岡本忠成(1932~90)。日本を代表する人形アニメーション作家2人の名作短編各5本が、4K修復版で上映される。人形の服の素材感や肌の質感がくっきり鮮やか。それに触れていた手のぬくもりや、素材に込めた思いを感じ、時を超えて作り手と対話しているような気持ちにさせる。

 羊毛フェルトを使う人形アニメ「PUI PUI モルカー」の見里朝希監督は、「新しく4K画質になったことで、お二人の素材へのこだわりが想像以上により鮮明なものになりました」とコメントを寄せた。

 名作アニメを修復しデジタル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。