感染3日連続100人超 岡山知事、追加対策表明

新型コロナウイルス

中村建太
[PR]

 8日、岡山県内で189人の新型コロナウイルス感染と4人の死亡が発表された。これまで最も多かった7日の129人を60人上回り、2日連続で過去最多を更新した。100人を超すのも3日連続。伊原木隆太知事は臨時の記者会見を開き、新たな感染防止策の検討を表明したが、具体案は10日以降に示すとした。

 岡山市は初めて100人を超えて118人。倉敷市は54人で、岡山市とともに過去最多だった。ほかは総社市4人▽赤磐市3人▽新見市、備前市瀬戸内市各2人▽笠岡市、矢掛町、早島町静岡県在住者が各1人。県内の感染者は延べ4836人。

 5人が中等症、4人が調査中のほかは軽症か無症状で、全体の6割を超す121人の感染経路が分からないという。また県と岡山市が各1人、倉敷市が2人のいずれも入院患者の死亡を発表。県内の死者は計57人となった。

 県によると8日までの1週間で、岡山市の平均感染者数(人口10万人あたり)は約71人。時期などが異なるため単純比較はできないが、大阪府の1週間平均(7日まで)約73人とほぼ同水準となっている。

 知事は会見で10日以降、追加の対策を打ち出す方針を表明。例として部活自粛などを示したが、具体策は今後詰めるとした。また岡山市倉敷市がそれぞれ、公道での東京五輪聖火リレーの中止を求めたことに対し「(要望を)前提に全体の計画を組み替えることになると思う」と述べた。(中村建太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]