カーネーション満杯のプール 子どもたちと味わう母の日

村上伸一
[PR]

 「母の日」の9日を前に、熊本県八代市の日奈久温泉街の活性化に取り組む住民グループが7日、子どもや障害者らの共生社会をめざす市内のNPO法人に約2千輪のカーネーションを贈った。子どもたちは簡易プールを花でいっぱいにして楽しんだ。

 住民グループ「チーム・アイ・ラブ日奈久」(松本啓佑会長)は8年前から、母の日に向けて温泉街の旅館などの湯船を花でいっぱいにする「カーネーション風呂」を続けている。昨年はコロナ禍のため中止。代わりにNPO法人「とら太の会」などの施設にカーネーションを贈った。

 今年は五つの旅館やホテルの女湯でカーネーション風呂を催す。そのPRを兼ねて、NPO法人「とら太の会」(山下順子理事長)に花を贈った。山下理事長は「日奈久の街おこしに感動した。子どもたちにもその気持ちを味わってほしい」と話した。(村上伸一)