国内感染者、4カ月ぶり7千人超 14道県で過去最多に

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの国内の感染者は、8日午後9時半現在で、新たに7244人が確認された。1日あたりの人数としては過去4番目に多く、今回の緊急事態宣言の期間中では最多となった。7千人を超えたのは1月16日(7042人)以来、4カ月ぶり。地域別では14道県で過去最多となり、東京や大阪だけでなく地方に感染が拡大していることがうかがえる。

 厚生労働省によると、重症者数は7日時点で1131人となり、過去最多だった6日と同数だった。

 感染者が最多だったのは東京の1121人、次いで大阪の1021人。東京が大阪を上回ったのは3月29日以来となった。1日あたりの感染者数が過去最多となったのは、北海道と群馬▽新潟▽石川▽愛知▽滋賀▽岡山▽広島▽香川▽福岡▽佐賀▽長崎▽熊本▽大分の各県。九州では5県で最多を更新した。

 この状況について、大型連休の影響を指摘する声があがった。「外出や旅行をした中で、陽性になった人が出ている」(東京都の担当者)、「レジャーで県内を訪れた人が多かったことが影響しているのではないか」(群馬県の担当者)。新潟県では連休明けの6日に受診した人が多く、県担当者は「連休中に受診を控えた反動とみられる」と話した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]