EU、ワクチン追加契約で合意 ファイザーと18億回分

新型コロナウイルス

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 欧州連合(EU)は8日、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、最大で18億回分の追加供給を受ける交渉で合意したと発表した。これまでは6億回分の供給契約を結んでいたが、新たな変異ウイルスへの備えとするほか、効果が衰えぬよう追加接種ができる態勢を整える。

 EUの行政トップ、フォンデアライエン欧州委員長ツイッターで明らかにした。2023年までに9億回分の供給が受けられ、さらに9億回分を積み増せる内容だという。EUでは加盟国を代表して欧州委員会が製薬会社と契約を結んでいる。これまでに4社のワクチンの使用を承認し、各国が接種を急いでいるが、生産能力の増強が進むファイザー製が主力となっている。(ブリュッセル=青田秀樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]