千葉12市で「まん延防止」延長、大規模店にも協力金

新型コロナウイルス

小木雄太
[PR]

 千葉県は8日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、政府が31日まで延長を決めた「まん延防止等重点措置」について、現在適用している12市で継続し、飲食店などに酒類の提供や持ち込みの自粛を求めることを正式に決めた。

 これまで飲食店に限っていた協力金について、重点措置の適用区域内で午後8時までの時短要請に従った大型商業施設(床面積1千平方メートル超)やそのテナントなどに対しても支払うことを新たに決めた。

 重点措置が適用されているのは千葉、市川、船橋、松戸、柏、浦安、野田、習志野、流山、八千代、我孫子鎌ケ谷の12市。

 12日以降は、区域内の飲食店やイベント会場に、酒類の提供と持ち込みの終日自粛と、午後8時までの時短営業などを求める。

 区域外の飲食店については、酒類の提供と持ち込みは午後8時まで、営業時間は午後9時までとするように求める。

 県内では、1カ月前には1割以下だった変異株の比率が、6割近くに急増。大型連休で検査数が少ない中でも、直近1週間平均の新規感染者が135人と高止まりの状況が続いている。

 本部長の熊谷俊人知事は会議後に記者会見し、「5月中にはほとんどが変異ウイルスに変わっていくだろう」「連休明けの数字をしっかりと見極めていく」と危機感を募らせ、「いつ感染が急拡大してもおかしくない。厳しい措置の延長にご理解をいただきたい」と呼びかけた。(小木雄太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]