ワクチン集団接種始まる 秋田市、80代以上に

新型コロナウイルス

高橋杏璃
[PR]

 秋田市の市保健センターで8日、市内の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まった。専用のコールセンターやウェブサイトを通じて予約した80代以上の124人が接種を受けた。今後は会場を増やし、週に4日ずつ進めていく。

 市によると、80代以上の約3万5千人への接種クーポン券の配布は完了し、このうち約半数は接種日を予約したという。70代以下の高齢者約6万6千人へのクーポン券配布は、今月中旬ごろからを予定している。

 予約は15分刻みだが、30分前に到着して会場付近で待機するよう職員に案内される人の姿もあった。伊藤善信・保健所長は「期待は大きいと思うが、あまり人が集中すると密になってしまう。予約時間の5~10分前をめどに来ていただければ」と呼びかける。

 1回目の3週間後に2回目を接種する。娘にネット予約を頼んだという落合和子さん(82)は「(接種前は)ドキドキして落ち着かなかったけれど、やってみたらほかの注射と同じ感じだった。手順よく進めてくれたので、2回目も安心して来られます」と話した。(高橋杏璃)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]