新幹線がクマと衝突 軽井沢駅から2キロ、25分遅れる

[PR]

 8日午後2時半ごろ、東京発金沢行きの北陸新幹線「はくたか565号」がJR軽井沢駅(軽井沢町)―佐久平駅(佐久市)間でクマと衝突し、停車した。乗客約350人にけがはなかった。

 JR東日本によると、同号は現場で車両点検を行い、25分後に運転を再開した。他の列車に影響はなかった。上下線の線路の間に死んだクマが倒れていたという。現場は軽井沢駅から西に約2キロの地点。線路の両側に高い塀があり、クマが侵入した原因は不明だという。