容疑者、頻繁に事件をネット検索か 茨城一家殺傷事件

有料会員記事

[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年9月、夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、夫婦に対する殺人容疑で逮捕された岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)が事件が報じられる前に、事件についてネットで検索していたとみられることが捜査関係者への取材でわかった。

 また、埼玉県警が昨年11月に岡庭容疑者宅を家宅捜索した際に押収されたパソコンの解析で、事件について頻繁に検索した痕跡があることもわかったという。

 岡庭容疑者の逮捕容疑は、19年9月23日午前0時40分ごろ、住宅の2階寝室で寝ていた小林光則さん(当時48)と、妻美和さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺し、殺害したというもの。茨城県警は岡庭容疑者の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、茨城県

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら