首位快走の阪神、2003年より強いのか?共通点を探る

伊藤雅哉
[PR]

 矢野阪神はあの時より強いのか――。4月30日、阪神は単独では2003年以来となる両リーグ最速の20勝に到達した。そこから私は試合を眺めながら、あの強かったチームとの比較ばかりしている。星野仙一監督(当時)が率いて独走優勝を果たした18年前、私はスポーツ紙の駆け出しの記者だった。

 35試合終了時点で比べると03年が21勝13敗1分け、今年が24勝10敗1分け。むしろ今年の方がいい。星野阪神はほとんど負けなかった印象さえあるが、実際はここから走り出した。

 5~7月と驚異の3勝1敗ペースで48勝16敗。7月8日に優勝マジック49が点灯した。私も歯医者に行く暇もないほど忙しく、ほぼ毎日、勝ち試合の原稿を書いていた記憶がある。最終的なチーム打率はリーグ1位の2割8分7厘で、141本塁打は同5位。一発ではなく打線のつながりで勝った。ヒーローは日替わりだった。

 今年との共通点は、上位と下位の打順が固定され、「巡り」が抜群にいいことだ。03年は1~3番の今岡誠、赤星憲広金本知憲と7、8番の矢野輝弘、藤本敦士はほぼ固定だった。今年に当てはめると上位が近本光司、糸原健斗、マルテで下位が梅野隆太郎、中野拓夢だ。

 上位と下位で好機が作れるから、中軸に打者優位の状況で回る好循環。今岡は首位打者、赤星は盗塁王を獲得した。現在打率リーグ4位の糸原と近本はそれに比べると小粒だが、似たような役回りだ。勝負強い捕手の梅野は矢野を、打撃好調の中野も3割を打った藤本をほうふつさせる。

 03年は4番を計7人が務めた。開幕時の浜中治が離脱したため、桧山進次郎、片岡篤史らでやり繰りした。今年も大山悠輔が離脱中で、新人の佐藤輝明が代役を務めている。

 18年前の打線の軸は広島から移籍1年目の3番金本だった。打率2割8分9厘、19本塁打。数字は平凡だが、赤星の盗塁が考えられる場合では2ストライクまで待ち、進塁打を狙って打つこともあった。そうした縛りがなければ「もっと数字は残せた」と話していた。黒衣役に徹し、出塁率も3割9分9厘と高かった。

 今年でいえば3番マルテだろう。チームトップの出塁率3割9分。早打ちの打者が多い中、球を見極めて四球が選べる存在だ。ここまでは糸原、マルテの2、3番の出塁率の高さが得点力に直結している。

 監督が悩むことなくすらすらと先発メンバーを書ける限り、勝っていける。いかにこの打線で長く戦えるか。それがポイントだ。伊藤雅哉

阪神の2003、05、08年との成績比較

    勝 敗 分   勝率

2003年 21 13 1 .618

 05年 17 17 1 .500

 08年 23 11 1 .676

 21年 24 10 1 .706

※いずれも開幕35試合終了時点

※03、05年はリーグ優勝

※08年は巨人に最大13ゲーム差を逆転され2位