枝野氏、不信任案提出を否定「解散できる状況でない」 

新型コロナウイルス

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は衆院予算委の集中審議に立った直後に国会内で記者団の取材に応じた。

 枝野氏は首相との質疑を事実上の「党首討論」と捉えてこの日の質疑に立ったが、「悪い意味での官僚答弁の繰り返しだった。リーダーとしてこの危機を乗りきる覚悟、危機感が存在しなかった」と振り返った。

 東京五輪パラリンピックの開催については「開催できる状況ではないのではないかという指摘を覆すような答弁はなかった」として、開催に反対する考えを示した。

 内閣不信任案の提出については「(コロナ感染の)現状では解散をできる状況ではない。提出したら解散をされると明言をされているので、提出はできない」との認識を示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]