職員採用で収賄容疑、町議を逮捕 受験者両親らから現金

加治隼人
[PR]

 福岡県みやこ町の町職員採用試験をめぐり、特定の受験者が有利になるよう町幹部に働きかけた見返りに受験者側から現金を受け取ったとして、福岡県警は10日、男性町議をあっせん収賄の疑いで逮捕した。また、町議に便宜を依頼して現金を渡した疑いで、受験者の両親と知人の男の3人についても贈賄容疑で逮捕した。捜査関係者の話でわかった。

 逮捕されたのは、福岡県みやこ町上原の同町議、上田重光容疑者(72)。捜査関係者によると、上田容疑者は2019年秋の町職員採用試験で、受験者の両親らから試験で便宜を図ってもらえるよう依頼を受け、町幹部に働きかけて事前に試験内容を不正に漏洩(ろうえい)させ、その見返りに両親らから現金を受け取った疑いがもたれている。

 県警は、受験者の両親が、共通の知人だった男を通じて上田容疑者に便宜を頼んだとみている。10日朝から上田容疑者ら4人が県警から任意で事情を聴かれていた。

 上田容疑者は、旧豊津町時代から町議を務め、合併後のみやこ町では現在5期目。議長経験もあり、現在は特別委員会の委員長などに就いている。

 みやこ町によると、19年秋に行われた職員採用試験には大卒、高卒予定など102人が受験し、採用されたのは6人だった。(加治隼人)