奄美の誤解「手つかずの自然広がる」 これ以上失うまい

有料会員記事奄美・沖縄

外尾誠
[PR]

 「手つかずの大自然が広がる」。よく耳にするうたい文句は誤解だと感じている。6年に及ぶ島暮らしを経て、世界自然遺産に登録される見通しとなった奄美の自然に対するイメージは変わった。ほとんどの森に伐採された過去があり、海岸にも開発の手が入っているからだ。

 奄美の自然を否定したいのではない。この島の素晴らしさは、人の営みのすぐそばに、多様な生き物がいることだ。

 絶滅危惧種の花が裏山で咲き、生活道路にアマミノクロウサギが現れる。国の天然記念物のルリカケスやアカヒゲは、民家の軒下にも巣をつくる。奄美最高峰の湯湾岳は694メートル。駐車場から木道を登れば、頂上まで1時間とかからない。国内最大級のマングローブ林は国道から見下ろし、全景を撮影できる。

 「屋久島縄文杉のような目玉がない」。島でそんな声を何度も聞いたが、それも勘違いだ。足元の自然のすごさを教えてくれる翻訳家(ガイド)さえいれば、山歩きの経験がなくても、世界遺産級の生き物を体感できる。貴重な自然との距離の近さこそが、奄美の特徴、売りだと思う。

 ただ、身近さは、危うさを伴う。

 島内の山という山はかつて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。