ジブリの鈴木敏夫氏、愛知県政150周年ロゴマーク制作

小林圭
[PR]

 スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏が、愛知県政150周年記念のシンボルとなるロゴマークを制作した。県は、ロゴマークに描かれたキャラクターの名前を募集している。

 2022年に現在の愛知県が誕生してから150年になる。

 県が募集しているのは、キャラクターの「かたつむり」と「鳥」の名前。県政150周年がイメージでき、親しみやすく覚えやすいことなどが条件だ。

 県は22年秋にジブリパークが開園することなどから、ロゴマークの制作をスタジオジブリに依頼したところ、鈴木氏が描くことになった。ロゴマークには、新型コロナウイルスの影響で気持ちが暗くなるなか、少しでもほっとできる時間をつくれたらという気持ちが込められているという。

 締め切りは7月9日必着。所定の応募用紙にキャラクター名、名称の説明、郵便番号・住所、氏名、生年月日・年齢、電話番号、メールアドレスを書き、メール(kikaku@pref.aichi.lg.jpメールする)かファクス(052・971・4723)、郵便(〒460・8501愛知県政策企画局企画調整部企画課企画第一グループ宛て)で送る。(小林圭)