• アピタル

1日100万回接種、掲げたが 焦る首相、再三の電話

有料会員記事新型コロナウイルス

菊地直己、石井潤一郎、坂本純也 下司佳代子、北沢拓也、熊井洋美
[PR]

 高齢者向けの新型コロナワクチンについて、菅義偉首相は「1日100万回接種」との目標を新たに掲げた。ただ、4月中旬のスタートからこれまでに終えた高齢者の接種は34万回余り。劇的にスピードを加速させ、首相が約束した7月末までに接種を終えることはできるのか。接種を担う自治体や医療の現場からは、戸惑いの声も上がる。

 「本当にいまの取り組みで十分なのか、よくよく精緻(せいち)に検討してほしい」。公明党の国重徹氏は「1日100万回接種」について、10日の衆院予算委員会でこう語り、首相に「一日も早い供給の実現を」と求めた。首相は「ワクチンは感染対策の決め手だという意識だ」と応じたが、どのように目標を達成するのか、具体的には語らなかった。

 「100万回」は、緊急事態宣言の延長が決まった7日、首相が記者会見で表明した。官邸幹部は「1日に想定される接種回数を積み上げて出てきた数字ではない」と言い、首相の強い意向で設けられた目標だとする。

 「100万回」はどう積算され、その背景には何があるのか。

 首相は、いまの緊急事態宣言を出すことを決めた4月23日の記者会見では「7月末を念頭に、各自治体が2回の接種を終えることができるよう政府をあげて取り組んでいく」と、自ら高齢者接種の期限を引いた。対象となる高齢者は約3600万人で、2回接種すれば約7200万回分が必要となる。首相周辺は「7月末に接種を終えるには、1日100万回打つ必要がある」と説明。期限を逆算して、「100万回」をはじき出したとする。

 7日の会見で積算根拠を問われた首相は、「いわゆるインフルエンザの接種は(1日で)60万回ぐらいできている」と述べた。「接種が本格的になって慣れてくると、そういう(100万回接種という)ことも可能だ」とも語った。

 「100万回」には政府内から異論も出ていた。

 官邸幹部によると、7日の首…

この記事は有料会員記事です。残り1850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]