主要百貨店、兵庫や京都で全館営業再開へ 平日限定で

有料会員記事

宮川純一
[PR]

 関西の主要百貨店は10日、大阪、京都、兵庫の3府県での緊急事態宣言の延長を受けた12日以降の営業体制を発表した。休業要請の対象となる大型店舗について、大阪府内では生活必需品などを除いて休業を続ける一方、休業要請が一部緩和された京都と兵庫両県では平日に時短で全館で営業再開する百貨店も出ている。

 エイチ・ツー・オーリテイリングは傘下の阪急阪神百貨店について、緊急事態宣言を受け、3府県では営業を食料品売り場に限り、休日は休業していた。

 12日以降は、神戸阪急や西宮阪急など兵庫県の店舗では平日に限って原則として時短で全館で営業を再開する。土日については食料品売り場を除いて休業を続ける。一方、阪急うめだ本店など大阪府内の店舗では化粧品、婦人雑貨、食料品売り場を除いて休業を続ける。「要請とお客様のニーズに従った対応」(広報)としている。

 高島屋は12日から、京都の…

この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら