ワクチン1日1万人は「降ってわいた話」 自民内に懸念

有料会員記事

松山尚幹
[PR]

 政府が設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターに対して、自民党内からも懸念の声が上がっている。接種の目標は「1日1万人」と報じられたが、中核となる自衛隊の医官や看護官の確保が簡単ではないからだ。

 センターは、菅義偉首相が設置を指示。政府関係者が「1日1万人」と語り、目標として報じられていた。政府内のワクチンの調整を担う河野太郎行政改革相は5日の民放番組で「1万人になるかどうかは自衛隊の検討次第」と述べた。

「過重なこと隊員に課して大丈夫か」

 自民党本部で10日午後に開かれた党国防部会などの合同会議。「1日1万人」について、小野寺五典防衛相が「本当にそのような過重なことが隊員に課せられて大丈夫なのか。自衛隊の本来任務に影響を及ぼすことがないのか」と苦言を呈した。

 大規模接種センターは24日に東京、大阪の2カ所に開設予定だが、医官と看護官の派遣人数は今も公表されていない。

 全国の自衛隊病院や各部隊に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。