「客の所に行ってなんぼ」 愛知でテレワーク進まぬ理由

有料会員記事新型コロナウイルス

松山紫乃 今泉奏、近藤郷平
[PR]

 コロナ禍で推奨されるテレワーク在宅勤務)。愛知県は、12日からの緊急事態宣言に向け、改めてテレワークの導入を求め、「実施率7割」を掲げている。しかし、過去の宣言時には、首都圏ほど実施率が上がらなかったという指摘もある。そのわけは。

 トヨタ自動車の名古屋オフィス(名古屋市中村区)に勤める女性(26)は、昨春の1回目の緊急事態宣言以降、仕事はほとんどテレワークに移行したという。

 自宅でデータ分析をしたり、オンライン会議に出席したり。出社は、おおむね週に1度だけ。上司の出勤日にあわせ、業務の進捗(しんちょく)状況を対面で報告する。

 「通勤のストレスがなくなり、その時間をほかのことに使えるようになった」。ただ、デメリットも感じる。「わからないことがあると、同僚や上司に電話をかける手間が増えました」。オンライン会議ではカメラ機能を使わない人も多く、表情が読みとれない。「社内外含めて関係性が構築しにくいです」

 人材サービス業の男性(46)は、今回の宣言で働き方がまた変わりそうだ。

 昨春の宣言で、すべての業務…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]