佐賀の聖火リレー、車の運転手が感染 県民と接触なし

[PR]

 東京五輪の大会組織委員会は10日、佐賀県内で9日にあった聖火リレーを後方支援する車の運転手が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。運転手は組織委の関係者で、聖火ランナーや県民との接触はないという。リレーに携わった関係者の感染は、9例目という。

 佐賀県では9、10の両日、リレーが行われた。組織委によると、長崎県を経由して佐賀県入りした運転手は、9日にあった県内のリレーで隊列の外で後方支援する車を運転。宿泊地の同県鳥栖市で発症したという。

 組織委は、所属元の同意が得られていないとして、性別などは公表していないが、「安全・安心な聖火リレーの運営に努める」としている。