埼玉の容疑者宅や小屋を捜索 4人殺傷事件で茨城県警

[PR]

 茨城県境町の住宅で2019年9月、夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は11日午前、夫婦に対する殺人容疑で逮捕、送検した岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市=の自宅の家宅捜索を始めた。

 茨城県警の捜査員十数人は午前9時半すぎ、岡庭容疑者宅に入った。敷地の入り口には規制線やブルーシートが張られた。岡庭容疑者が使っていたとみられる離れの小屋の窓にも目張りがされ、捜査員が頻繁に出入りしていた。

 県警によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分ごろ、住宅の2階寝室で寝ていた小林光則さん(当時48)と妻美和さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺し、殺害した疑いがある。県警は捜査に支障があるとして、岡庭容疑者の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、面識のない人を刃物で襲うような事件に関与した人物を茨城県警が調べる過程で、岡庭容疑者が浮上した。

 同県警から連絡を受けた埼玉県警が調べたところ、岡庭容疑者がインターネットで刃物を購入していたことなどが判明。埼玉県警は昨年11月、殺人予備容疑で岡庭容疑者宅を家宅捜索していた。その後の茨城県警による家宅捜索と合わせてスマートフォンや刃物など計約600点を押収。茨城県警は一家殺傷事件との関連を調べている。