宝塚・花組の千秋楽無観客で 退団あいさつもライブ配信

[PR]

 胸の中で拍手が鳴りましたし、聞こえました――。宝塚大劇場で10日、初の無観客公演が行われた。緊急事態宣言下で公演中止を余儀なくされたなかでの異例の措置。7月に退団するタカラジェンヌ6人が、大劇場に別れを告げた。

画面の向こう側へ、届ける愛

 この日は花組公演「アウグストゥス―尊厳ある者―」「Cool Beast!!」の千秋楽。だが公演は約2週間にわたりストップしており、1日限りのライブ配信となった。

 無観客だと実感したのは、ショーのデュエットダンスの場面。いつもなら大きな拍手が巻き起こるはずなのに、今回は無音に。代わりにトップスター柚香光(ゆずかれい)がカメラに向かって投げキスを飛ばし、相手役の華優希(はなゆうき)とともに手を振った。画面の向こうで見守るファンへ、愛を届けようという思いがひしひしと伝わる。

 本編に続き、午後4時すぎから始まったサヨナラショー。この公演で退団する華や、瀬戸(せと)かずやの思い出の曲がちりばめられた。

「どんな激動の時代にも…」

 冒頭で華は、きらめく大階段の真ん中でスポットライトを浴びた。水色のドレスにティアラをつけた姿に、柚香は「お姫様みたい」と笑顔。「TAKARAZUKA花詩集100!!」から一気に4曲を歌い踊った。

 男役を18年追求した瀬戸は…

この記事は有料会員記事です。残り671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら