「まん延防止」で運動会延期 札幌の小学校で相次ぐ

有料会員記事新型コロナウイルス

芳垣文子
[PR]

 新型コロナウイルスの感染が急拡大した札幌市では、「まん延防止等重点措置」の適用(期間は9~31日)で感染対策が強化された。学校では部活動の原則休止や修学旅行の延期といった従来の対策に加え、「運動会や体育祭の中止や延期、縮小」も打ち出された。札幌市ではこのシーズンに多い体育行事への影響は大きく、現場は対応に追われている。

 札幌市では例年、5月から6月上旬にかけて、多くの小学校で運動会が行われる。市教育委員会は小学校の運動会について、実施が困難と判断した場合は延期も検討することなどを求める通知を8日に出した。

 市教委によると、5月中に運動会を行う予定の市立小学校は、全197校中103校。もっとも早い22日に予定している学校が4校あり、29日には92校が予定している。

 発寒南小(札幌市西区)では22日の予定だったが、9月下旬への延期を決めた。感染状況が落ち着くまで時間がかかるとの判断だ。田中義直校長は10日、全校放送で「日にちは延びたけれども、走る力や表現する力をさらに積み重ねてもっと伸ばしてほしい」と子どもたちに説明した。各教室では子どもたちが真剣な表情で聞いていたという。

 別の小学校では5月下旬に平…

この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]