宣言延長だけど…百貨店の売り場拡大 営業時間の延長も

新型コロナウイルス

橋田正城
[PR]

 緊急事態宣言下で「生活必需品」以外の売り場の休業を求められ、これまで食品売り場などだけ営業してきた東京都内と関西の百貨店で、宣言が延長された12日以降は営業する売り場を拡大する動きが相次いでいる。顧客の要望を主な理由に挙げるが、休業による業績への打撃を少しでも抑えたい狙いも浮かぶ。

 高島屋は4月25日に1都3府県に緊急事態宣言が出て以降、都内4店(日本橋高島屋タカシマヤタイムズスクエア・玉川高島屋・立川高島屋)では、食品や化粧品などの売り場だけ営業してきた。しかし5月12日からは、衣料品、子供服、ランドセル、リビング用品売り場も営業を再開する。すでにレストラン街は6日から営業再開しており、これで大半の売り場が営業することになる。

 休業するのは、宝飾品、美術品、玩具、ゴルフ用品の各売り場ぐらいになる。担当者は「お客様の要望が強く、テナントの意向もある。都の要請を精査して取り扱い内容を見直した」。営業時間も延長する。

 三越伊勢丹も、都内4店(伊勢丹新宿店、伊勢丹立川店、日本橋三越本店、銀座三越)で12日から、リビング用品売り場の営業を再開。家具や寝具、食器やキッチン雑貨のほか、バス・トイレ用品も扱う予定だ。服飾雑貨(紳士・婦人)、靴、ハンドバッグも販売する。松屋銀座も12日からリビング用品、婦人用下着、タオル類などの販売を再開し、レストラン街も営業する。

 大丸東京店は12日から、レストランと専門店(東急ハンズ)の営業を再開。レストランは午後8時まで営業する。関西では、兵庫県内の大丸3店(大丸神戸店、大丸須磨店、大丸芦屋店)と大丸京都店は平日、全館営業とする。松坂屋上野店は、高齢者に配慮して介護用品なども一部扱う。担当者は「お客様の要望も強い」と話す。

 化粧品、婦人雑貨の販売を休止していた東武百貨店池袋本店も12日から、売り場を再開する。リビング用品を扱い、レストランも営業する。(橋田正城)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]