大阪で新たに974人が感染 死者は過去最多の55人

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪府は11日、府内で新たに974人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。また、新たに40~90代の男女55人の死亡が確認された。1日あたりの死者の発表数としては7日の50人を上回り、過去最多となった。府内の感染者は延べ9万1250人、死者は計1785人。

 入院中の重症患者は前日より6人減って401人。このうち355人が、府が確保した重症病床(356床)で治療を受けており、重症病床使用率は99・7%に上った。軽症・中等症病床に入院する患者は1789人で、確保病床(2243床)の使用率は79・8%。自宅療養者は1万5031人、入院・療養先調整中は3229人となった。

 吹田市東大阪市松原市の高齢者施設で職員や利用者、入居者計17人、東大阪市の企業事業所で従業員5人の感染が確認された。府はクラスター(感染者集団)が起こったとみている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]