戻ってきた33歳と36歳 スーパーペア、誕生の裏事情

有料会員記事

ノンフィクションライター田村明子
[PR]

 4月21日、バネッサ・ジェームズとエリック・ラドフォードが新たにペアを結成し、カナダ代表として競技活動を再開することが発表された。

 ジェームズはモルガン・シプレと2018年世界選手権銅メダル、19年欧州選手権タイトルを手にした選手。ラドフォードは、ミーガン・デュアメルと2度の世界タイトル、18年平昌オリンピック(五輪)銅メダルを手にした選手だ。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

ミズノスポーツライター賞優秀賞の受賞経験があるノンフィクションライター田村明子さんにも話題を届けていただきます.

 それぞれ、いったん引退宣言をした。そのトップ選手の2人が、新ペアとして再び競技に戻ってくるというニュースはファンにとっても関係者にとってもサプライズだった。

 「私たちは、まだまだ体も動く。新たな挑戦をしても、失うものは何もないと思って決意したんです」。そうコメントしたジェームズ。彼女は長年フランスを代表してきたが、実はカナダ生まれ。父はバミューダ出身のため、シングル時代は英国女子チャンピオンになったこともある。だがスーパーカップル誕生の裏には、多くの事情があった。

 ジェームズ&シプレは次のチャンピオンになると期待されていたペアだった。18~19年シーズンは途中まで、出場した大会全てで勝ち続け、欧州タイトルも手にした。すでに31歳だった彼女は、19年世界選手権で優勝したら競技引退を考えていたという。

 だがウォームアップ中に他の…

この記事は有料会員記事です。残り1039文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]