日産、3年連続で純損益赤字へ 22年3月期の見通し

[PR]

 日産自動車は、2022年3月期の純損益が600億円の赤字になるとの業績予想を11日発表した。赤字は3期連続となる。売上高は前年比15・7%増の9兆1千億円、営業利益はゼロと見込む。

 一方の21年3月期決算は売上高は前年比20・4%減の7兆8625億円、営業損益は1506億円の赤字(前年は404億円の赤字)、純損益は4486億円の赤字(同6712億円の赤字)だった。

 日産は、カルロス・ゴーン前会長のもとで進めた拡大路線を修正。生産能力を減らす一方、新型車の開発や投入にアクセルを踏んでいる。