高齢者施設のクラスターなぜなくならない 共通した事情

有料会員記事新型コロナウイルス

鈴木春香、武田遼
[PR]

 新型コロナウイルスクラスター(感染者集団)が起きた高齢者施設で、多数の死者が出る事案が兵庫県内で散発している。行政や関係者も対策を急ぐが、介護施設に特有の感染の広がりやすさや入院調整の難しさなどもあって、当面は厳しい状況が続きそうだ。

 兵庫県宝塚市介護老人保健施設では、4月中旬以降で、入所者36人、職員19人の計55人が集団感染した。施設によると、9人が死亡し、うち8人は入院先が見つからずに施設内で亡くなったという。

 施設の関係者によると、保健所には何度もコロナ患者の入院を依頼した。だが、施設には常勤の医師と看護師がいることもあり、「施設でみてほしい」と言われたという。施設で酸素や薬の投与はしたものの、「症状が重くなると介護施設の設備では対応に限界があった」と悔しさをにじませる。

 保健所の判断を待てず近隣の病院をあたったが、いずれも満床と断られた。救急車を呼び、到着後4時間待っても入院先が見つからないこともあったという。

 神戸市の老健施設でも7日、4月中旬以降で133人が感染、25人が死亡する集団感染の発生が明らかになった。

 両施設に共通するのは、認知症の入所者がいる点だ。人によってマスクを外したり口に入れたりすることもあり、感染対策の徹底は容易ではないという。職員も介助などで入所者の体に触れることが多く、感染を完全に防ぐことは難しい。

 加えて、高齢者施設の入所者が感染した場合、「医療」と「介護」両方の対応が必要になる。姫路市のコロナ対策担当者によると、「重症者なら迷わず入院させるが、中等症以下の場合には判断をためらうケースもある」という。排泄(はいせつ)や食事の介助が必要な場合、病院では十分な介護が受けられないことが想定されるためだ。「病床の逼迫(ひっぱく)で入れない人が多くなっているうえに、入所者の入院は元々の難しさもある」

 対策として、クラスターが起…

この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]