画面から気持ちが伝わる試合に #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

小俣勇貴
[PR]

 画面から気持ちが伝わるような試合にしたい(サッカーJ1ヴィッセル神戸の三浦淳寛監督)

#コロナを生きる言葉集

 4月28日のルヴァン杯大分戦の前日、昨年7月以来となる本拠での無観客試合を前に報道陣に語った。

 このナイター試合を含め黄金週間に3試合予定されていたホーム試合はすべて無観客となった。直前の4試合は勝ち星なし。もちろん、勝ちたい気持ちもあったろう。同時に、スタジアムに来られなくても声援を送り続けてくれるファンへ、全力を尽くすことを誓う言葉でもあった。試合直前のミーティングでは、「ヴィッセルを支えてくれているサポーターの思いもしっかりと感じながら、とにかく戦うんだ」とチームを鼓舞した。

 試合はスコアレスの引き分け。それでも「選手たちは非常に気持ちがプレーに出ていた。次につながる」と指揮官。その言葉通り、次の5月1日の試合は3―0の完勝だった。小俣勇貴

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]